κ疹 幾何学小皿

型番 V649
Color
Size
購入数
-
 縦10×横10×高さ2.5cm
κ疹 幾何学小皿


インパクトのある色、透明感のある釉は
表面に水を張ったかのように涼やかで上品。

江戸後期から明治期にかけて隆盛を誇った、
淡路島でつくられたκ疹討瞭皿。

食卓にアクセントを出してくれます。



κ疹討亙言年間(1818〜1830)に醤油醸造家だった
賀集κ燭初めました。
κ燭遼弩紂¬声16年(1883年)には本窯を親族である
欅田善次郎が買い取り、淡陶社(だんとうしゃ)を設立。

こちらの小皿にある裏の千鳥のマークの押印は、
淡陶社のシンボルマークでが
必ずしも千鳥のマークが入っているわけではありません。

入っているとなんだか嬉しくなる押印です。


■ 表示は1点での価格になります


※中古品ですので、新品のようなコンディションではない事をご理解頂いた上でのご購入をお願い致します。
時代を経てきた独特の味だと思って頂けると幸いです。
Color
Size
 縦10×横10×高さ2.5cm